前へ
次へ

レンタル携帯は短期と長期の何方の使い方が得なのか

大手キャリアで携帯電話で契約をすると契約時に色々と細かなルールが発生しますが、基本的には長期間使用する事がメインになります。
同じような携帯電話を利用できるサービスとしてレンタル携帯が存在しますが、業者側が大手キャリアと契約した携帯電話をレンタルする事ができるので、面倒な審査等をクリアしなくても携帯電話を使える魅力があります。
レンタル携帯のサービスは分かりやすく、初期費用として端末代や端末をお客さんの自宅まで届ける時に必要になる配達料金等がまとめて請求される形になります。
レンタル携帯の使用するスタイルには大きく分けて2種類用意されており、短期レンタルと長期レンタルが該当してきます。
短期レンタルは1日や1カ月等の短期間でのサービスの利用を想定しており、長期レンタルの場合は1カ月以上で長ければ1年等も利用する事ができます。
レンタル携帯を利用する方の携帯電話の使用の仕方等によっても使用する期間に違いが発生しますが、お金だけに注目していくと、短期間で利用するよりも長期的にサービスを利用した方がお得になりやすい傾向があります。
数日レベルの使用であっても、レンタル携帯を利用するには、初期費用が発生してくるので、数日だけの利用で数千円レベルの請求が発生する事も考えられます。
短期レンタルで延長をしたくなった場合は、業者側に連絡をすれば、対応してくれるケースもあります。
延長料金は初期費用よりも大幅に安くなるので、お得にサービスを利用する事が可能です。
ただ短期レンタルのプランでサービスを開始して、数カ月単位の延長をする場合は損をしてしまう事があります。
長期レンタルの場合は初期費用が短期レンタルよりも高めに設定されているものの、月額の利用料金は短期レンタルよりもお得な価格になっている事があるので、レンタル携帯のサービスを長期的に利用する場合は、最初から長期レンタルのプランでサービスを開始した方がお得です。

Page Top